万葉、王朝の精神を唱えている一部の作家

 私は、今日万葉、王朝の精神を唱えている一部の作家が、我からそれを「抽象的な情熱」と云っていることを、実に意味ふかく思う。明治、大正のブルジョア文学の潮流においては、仮にそれはどのように孤立的、短期、且つ不成功であったとしても、一度も「抽象的な情熱」という自覚をもって云われたものはなかった。二葉亭の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:53 pm  

今日の社会的情勢

 今日の社会的情勢は、日本のブルジョア作家の大部分がそこに属している小市民、中農の経済事情を極端に劣悪にしている一方、従来の文学の立前においては精神の牙城を喪っている。荒涼たる心持で周囲を眺め、大人の文学をつくり、その大人の文学によって現実社会で官吏、実業家、軍人等によって占められている支配的上層部...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:53 pm  

近代日本のブルジョア文学

 近代日本のブルジョア文学において、常に綯《な》いまぜられて来た退嬰的な妥協的な封建的戯作者風の残りものとの関係においては、進歩的面のバトンの運び手であった自我の探求は今日、未開のまま外ならぬ生みの親のブルジョア文学者の手で※[#「てへん+毟」、第4水準2-78-12]《むし》られるというめぐり合わ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 04:52 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0363 sec.

http://aloha-airlines.jp/