埼玉県草加市

埼玉県草加市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

草加市は、埼玉県南東部に位置する人口は約25万人の市で、所沢市に次いで県内6位の人口を有していますよ。施行時特例市であり、南側を東京都足立区と接していますよ。草加松原や草加煎餅で知られていますよ。

草加市は高度経済成長期における1963年(昭和38年)の松原団地の造成や、東武伊勢崎線と営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線の相互直通運転開始により人口が爆発的に増大し、急激な都市化が進行しましたよ。それに伴い移住して来た人々が多いため市民の平均年齢は比較的若いですよ。

また、2003年(平成15年)3月19日からは東京地下鉄半蔵門線・東急田園都市線との相互直通運転も開始され、都心への利便性が更に向上していますよ。

草加市は毛長川を隔てて東京都足立区と接しており、東京に通勤・通学する、いわゆる埼玉都民が多く、市内の広範に住宅地が広がっていますよ。一時期の団塊ジュニア時代よりも草加市の子供の人口は少ないものの、若年層の人口は比較的多いですよ。

草加市は自動車での移動も、以前からあった南北を結ぶ国道4号に加えて、東京外環自動車道やその高架下を利用した国道298号も開通し、東西の移動が格段に向上しましたよ。

草加市の中心部は、都心まで約15kmという立地にありながら宿場町の面影を残す住宅地ですよ。現在、松原団地の建て替え、再開発や草加宿を中心とした都市計画今様草加宿が進められていますよ。2000年(平成12年)に彩の国中核都市に指定され、2004年(平成16年)に特例市に移行しましたよ。

草加市は関東平野のほぼ中央部に位置し、市域の大部分が自然堤防による微高地とその後背湿地からなる低地であり、海抜は約3メートルですよ。そのため、集落は微高地に形成され、後背湿地は水田として利用されてきましたよ。

草加駅東側は丸井、イトーヨーカドーを核として構成する再開発ビル群であるアコスや、西友といった大型商業施設がある一方、草加宿を中心とした商店街も広がり、江戸時代の面影を残していますよ。駅西側は閑静な住宅街が広がり、埼玉都民のベッドタウンとしての一面を見せていますよ。

草加市の旧日光街道沿いにある草加松原、そして百代橋矢立橋は草加市のシンボルですよ。かつて舟運で隆盛を極めた綾瀬川、札場河岸は現在は舟着き場の石段を復元した公園として整備され、五角形の望楼のほか、この地を訪れた松尾芭蕉の像や高浜虚子、正岡子規の句碑なども建てられていますよ。

草加市の東武伊勢崎線獨協大学前駅西口には、竣工当時東洋一と言われた松原団地が、旧日本住宅公団により造成されていますよ。東西の長さは、松原団地駅から国道4号草加バイパスまで約1kmあるマンモス団地ですよ。しかし、建築から相当年数が経ち、建物の老朽化も著しいため、都市再生機構(UR) により解体、再開発が行われていますよ。

草加市にある河川として、綾瀬川、中川、古綾瀬川、伝右川、毛長川、辰井川、葛西用水路、八条用水、綾瀬川放水路、千疋幹線排水がありますよ。

草加市にある主な公共施設として、草加市立病院、谷塚サービスセンター、松原サービスセンター、新田サービスセンター、環境業務センター、勤労福祉会館、勤労青少年ホーム、スポーツ健康都市記念体育館、市民体育館、市民温水プール、市営総合運動場、歴史民俗資料館、中央図書館、原町コミュニティーセンター、瀬崎コミュニティーセンター、稲荷コミュニティーセンター、氷川コミュニティーセンター、八幡コミュニティーセンター、柳島コミュニティーセンター、谷塚ふれあいセンター、川柳文化センター、奥日光自然の家がありますよ。

草加市の産業については、総じて、第3次産業が中心ですよ。しかし、工業団地(草加・八潮工業団地)では製紙工場もあり、第2次産業もありますよ。

草加市は日本を代表する米菓であるせんべいが名産ですよ。草加煎餅として全国に知られる地域ブランド(地域団体商標)でもあり、1970年ごろ最高の売上げと全国的な知名度が普及し、市域に約120店舗を数えましたよ。現在でも旧草加宿を中心に市域で約60店舗がありますよ。

草加煎餅は手作り感の強い、醤油味がベースの丸い素朴な米菓ですよ。東京都と隣接するせいか東京みやげと扱われることも多く、同様なものとして、千葉県浦安市にある東京ディズニーランドのみやげ物がありますよ。

草加市は1958年の市制施行ごろから、市域に工場進出が目立つようになりましたよ。1963年から埼玉県が造成した草加工業団地の完成と、引き続き造成が行われた草加八潮工業団地の完成(1967年)により、60社余りの企業が進出しましたよ。また、中小企業が市域に広く点在している点も特徴といえますよ。

草加市にある主な商業施設として、アコス(イトーヨーカドー草加店、草加マルイ)、ダイエー草加店、西友草加店、草加ヴァリエ、モールプラザ(ヨークマート草加店)、ジョーシン電機草加まつばら店、カインズホーム草加松原団地店、イトーヨーカドー新田店、ケーズデンキ草加店、トイザらス草加店、ビバホーム草加店、ヤマダ電機テックランドNew草加店、シマホモール草加(ホームズ草加舎人店)がありますよ。

草加市に本社を置く企業として、アコス(第三セクター・再開発ビル運営)、天田印刷加工、エトワール(玩具)、エンスカイ(カレンダー)、柴田科学、上州屋、珍來総本店 (中華料理チェーン)、日本製紙物流、大和化成工業、リベレステ(不動産)、渡辺教具製作所(地球儀)、日立建機日本(旧・日立建機日本事業部)がありますよ。

草加市に事業所を置く企業として、関東化学草加工場、中央研究所、日本製紙クレシア東京工場、日本製紙草加工場(板紙事業本部)、理研ビタミン草加工場、ダイキン工業東京支社 草加事業所、SMC株式会社(旧焼結金属工業) 草加工場、ひよ子東京工場、アリックス 草加工場、光村印刷、ミドリ安全工業、福山通運埼玉ターミナル、信号電材東部事業所がありますよ。

草加市で創業した企業として、ほっかほっか亭がありますよ。

草加市の名産品として、紙製品・紙加工品、草加煎餅、慈姑(くわい)、皮革、ゆかた、地球儀がありますよ。

草加市の文化については、草加市青少年相撲振興会の寄贈などにより、市内のほぼ全ての小学校に土俵が設置されており、大相撲追手風部屋が市内に部屋を構えていますよ。国際ハープフェスティバルや、若手ハーピストの登龍門、日本ハープコンクールを毎年開催していますよ。

公益財団法人美育文化協会が草加市吉町に拠点を設置していますよ。KONAMI体操競技部の練習拠点であるコナミ体育館が草加市内にあり、地域・社会支援活動の一環として体操教室や演技発表会が行われていますよ。

草加市にある住宅団地として、コンフォール松原(旧草加松原団地)、新栄町団地、草加旭町団地、草加稲荷住宅、草加花栗住宅、他、がありますよ。

草加市にある大学として、獨協大学がありますよ。

草加市にある図書館として、草加市立中央図書館がありますよ。

草加市にある文化施設として、草加市文化会館がありますよ。

草加市にある保健・医療施設として、草加市保健センター(夜間急患診療所、休日急患歯科診療所)、草加市立病院、埼友草加病院、メディカルトピア草加病院がありますよ。

草加市にある鉄道として、東武鉄道(東武スカイツリーライン(伊勢崎線))(相互直通運転:東京地下鉄日比谷線・半蔵門線・東京急行電鉄田園都市線)がありますよ。

草加市にあるバスについては、羽田空港、成田空港へ、直通のリムジンバスが草加駅東口より利用できますよ。羽田空港方面は東武バスセントラル、京浜急行バス、成田空港方面は東武バスセントラル、東京空港交通、千葉交通が運行していますよ。

草加市にある路線バスとして、国際興業バス、東武バスセントラル、朝日自動車がありますよ。

コミュニティバス パリポリくんバス(柿木公民館行き・見沼代親水公園駅行きの2系統)がありますよ。

草加市にある高速道路として、東京外環自動車道がありますよ。

草加市にある景観スポットとして、旧日光街道(草加松原、草加宿)、草加神社、東福寺、そうか公園がありますよ。

草加市出身の有名人として、加藤凌平(体操選手、ロンドンオリピック出場)、菊池麻衣子(女優)、森尾由美(女優)、山口達也(元TOKIO)、他、がおられますよ。